会計処理をクラウドで行うこと

  • 人事システムに教育制度があります

    • 組織として100名を越えると従業員の教育システムが必要になってきます。

      人事が行う教育には、大きく分けると現場の実務教育と、将来に必要になる人材育成のための教育があります。
      前者は採用した女子社員の来客や接遇のレベルを高めたいと考えた時に、該当する女子社員を一同に集めて集合教育をおこなうものです。



      また、新しく導入された機械などがあれば、導入にあたって何度か現場で講習会を開くものもあります。



      後者は、今は特に問題はないが、5年後に会社の事業計画で海外進出が決まっているとなれば、今からその準備のために新しい事業部のための人選と教育をしていかなければなりません。

      突然派遣される社員は、何の知識も経験もなしに人事異動を出すわけにはいかないからです。



      海外は極端であっても、長期経営計画にすり合わせると今の人員が5年後には3倍になると予想するならば、管理職・担当職の人数をはじき出して部下を育てる教育に人事として取り組まなければなりません。



      このように、人事教育のシステムというものは、会社の将来、それも事業計画に基づいて仕組まれていくものです。

      会社の人材は、会社の目標を実現できるための教育であるので学校の教育とは違います。
      教育することによって、成果を上げる社員は評価も高まり、更に教育の機会が増えて昇進・昇格していきます。



      当然賃金も連動して上がっていくようにシステム化することで、従業員の士気が高まっていくのです。



  • 関連リンク

    • みなさんは会計というものをご存じでしょうか?会計に関わったことない方だと名前は知っているが詳しくは知らないと思いますが、会社などの組織を運営する際には必ず必要になってきます。なので会計は経営者や管理職の人間にとっては必要なスキルになっています。...

    • 組織として100名を越えると従業員の教育システムが必要になってきます。人事が行う教育には、大きく分けると現場の実務教育と、将来に必要になる人材育成のための教育があります。...